子どもが動き出す時

ご訪問ありがとうございます。不登校・家族関係カウンセラー宮﨑です。

 

不思議だと思われるかもしれませんが・・・。

お父様、お母様の気持ちが平安になったら、子どものまるごとを受け入れられるようになったら・・、

必ず子どもは動き出します。 と、私は感じています。

(でも、そのまるごと受け入れるということが、なかなか難しくて困ってらっしゃるということだと思いますが・・。)

(カウンセリングって、その練習だと思います。)

 

子どもが、親、学校に抵抗するためにエネルギーを使っている状態の時には、その子本人が動き出すめのエネルギーが溜まっていかない。

だから、

親が変わって、親子関係がよくなって、楽しい事も増えて、ほめることも出てくる。

すると、徐々に子どものエネルギーが溜まりだす。

 

けれど、実際に子どもが動き出すまでには、少し時間の差が出てくる。

(エネルギーって、本当にカツカツになってしまうと、取り戻すのにとっても時間と体力がいるみたいです。なので、上手に休むこともとっても大事だと思います。)

(そのエネルギーが、どうしたら溜まっていくのか・・、それを考えるのが、カウンセリングの場かなと思っています。)

 

親は、自分が変わるとすぐに、子どもも動き出すことを期待する。

なので、そこで焦ってしまう。

 

私たち、こんなに頑張ったのに、何で~!

随分、言う通りにしてきじゃない・・。

もう、元気になったんじゃないの・・。

私たちは変わったのに、何で子どもは変わってくれないのー!
と。

 

またまた子どもは、自分のエネルギーを溜めるのより、親との関係にエネルギーを使ってしまう。

残念・・・。

 

心は目には見えないので、親御さんにとっては、そう思うのも仕方のないことなのかもしれません。

でも、心のエネルギーが本当に下がって下がってしまった場合は、回復するのにそれなりの時間がやはり必要になってきます。

親御さん側からの見方ではなくて、お子さん本人の気持ちや今の状態をしっかりと確かめてみないと、せっかくたまったエネルギーも、あっという間に減ってしまいます。

人間、生きているだけで、日々相当なエネルギーを使っているわけで、

不登校になるような場合は、その時点で、相当エネルギーが下がっているので、生きるために、自分を守るために学校へも行けないということが多いので、やはりそこからエネルギーを回復するには、時間もかかるということを理解してほしいと思います。

 

なので、

そのプロセスを、カウンセラーと一緒に過ごせると、少しは親御さんも随分気持ち的に楽になると思います。

 

お子さんは、親が苦しんでいる姿なんて絶対見たくないと思っています。

子どもは、お母さん、お父さんの笑顔がみんな大好き!

ホント、そう思います。

 

親御さんだって、同じです。

子どもの笑顔が見たい、そうだと思います。

 

不登校・家族関係カウンセリングSUN/宮﨑 真由子

 

不登校カウンセリング。子どもが動く時

 

●ご予約・お問合せはこちらです。

●ホームへ戻るはこちらです。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です