立ち止まっているように見える時だって、必ず動いているし、成長しています。

ご訪問ありがとうございます。 不登校・家族関係カウンセラーの宮崎です

 

ご相談に来られる方が、不安になっているとよく話されるのが、一旦動き出してから、一時期、また動かないように見える時が来た時です。

以前の状態を思い出して、親御さんがとにかく不安になってしまうようです。またあの時のように・・と。

 

でも、

子どもが立ち止まっているように見える時だって、必ず動いているし、成長、変化の動きは内面で起こっています。

動けなくなる時、そういう時だってあります。

 

成長していく、大人になっていくには必要なことなんじゃないかと、私は思います。

この時期こそ、お子さんのこと信じていられる自分でいたいですねー。
(できたら、悩まないー!ですね(・・;))

 

 

我が家の長男くんは、現在32歳になりました。

(随分大人になってくれました(・・;) 不登校の経験のことは、こちらに書かせていただいています。)

 

いろんなことがあったけれど、結局、高校生の頃イメージしていた生活を送っているなーと思います。

ホント、最近つくづくです・・。

 

長男くんは自分のことをよく分かっているので、私はほとんどというか、まったく、放りっぱなしでここまで来た感じですが、どこかで繋がっていると思ってきたし、向こうもそう感じてくれているみたいです。良かったです(*^^*)

(でも、ある時期までは、かなり色々一緒にやりました。)

 

この、自分のことを良い悪いも含めてよく分かるって、ホント大事だと思います。

長男くんは、自分の苦手のところ、得意なところをよく理解していて、そして受け入れている、と感じます。(だんだんそうなっていった。)

でもこれは、私が苦手な分野だったんですねー。

(そうやって、親(私)も鍛えられました(笑))

 

そして、人が大人になっていくには、親にできることもたくさんあるけれど、ある時期からは、親以外の様々な方の助けがあってこそだとも思っています。

長男の場合も、まさにそうでした。

(大学時代の人間関係、バイト先での出来事、社会人としての考え方・・、もう色々です。)

たくさんのデコボコもあったように思います・・。

親としては感謝しかありません。

 

それから、

子どもが大人になるまでには、その子、その子の生きていく力をただ信じて、親は遠くから見守ることに徹することしかできない、という時期もあるように思います。

なので、

「今、うちの子はどんな時期を過ごしているんだろう・・。」

と、お子さんのことを見てみることも必要かな、と思います。

 

本当に一人一人その道筋、ペースは違いますから、他の方のことは参考にはなりますが、最後は、そのご家族なりの、ということになります。

なので、そんな ”自分なりの” という力を親御さんがつけて、

孤独感だけではなくて、今のその時期を過ごしていかれるようになれたら・・、

と思いながらカウンセリングを行っています。

 

私も、不安の気持ちを持ちながらの年月でした・・。

 

どうぞお気軽にご連絡ください。

お待ちしています。

 

counseling、2018.10.9

 

 

【小田原南足柄カウンセリングSUN】

心理カウンセラー(家族関係心理士)宮﨑 真由子でした。

 

カウンセリングのお問合せ・ご予約はこちらよりお願いいたします。

◆こちら⇒ご予約フォーム

◆『カウンセリングルームSUN』へのアクセスは、こちらから⇒ ご覧ください。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です