感情面でのストレスの対処に慣れていく。

ご訪問ありがとうございます。 不登校・家族関係カウンセラーの宮崎です。

 

先日のカウンセリングの時の話ですが、

クライアントさんが、

「ストレスってない方が良いと思っていました・・。」と、仰っていました。

私もそう思っていました。

 

でも、生きている限りストレスをなくすということは、不可能なわけで・・、

この寒さも物凄いストレスだし、いくら仲の良い家族の間でも、毎日一緒にいれば、様々なことが起こって、それがストレスになることもあるわけですよね・・。

なので、ストレスをなくそう、なくそうと思っていると、

そもそも不可能なことを考えているわけなので、ずーっと考えていることになって、

その上ストレスをなくせない自分を責めたりして、それがまたストレスになったりして・・、です。

(人って、答えの出ないことでも、自分に問いかけている限り、答えを求めて考え続けるようになっているようです。)

 

では、どうするかというと、

生きていれば、ストレスはあるもの、と腹をくくる。

 

そして、

ストレスというのはエネルギーを消失していることなので、

消失したエネルギーをどうやって補給するか、ということの方へ、意識を向けてみる。

 

このストレスを何とかしたい!

ストレス嫌だー!

どうしてストレスがあるのー!

と考えている自分を、ちょっと眺めてみる。

(答えを求めるのを、お休みする。不可能なことはやめてみる。)

 

そしてとにかく、

自分はこの消失した分のエネルギーを、どうしたら補給できるか?

の方へ、意識を向けてみる。

 

私たちは、身体的なストレスに対する対処法には慣れていますが、

感情面のストレスに対する対処法には、あまり慣れていません。

 

お腹が空いたら、ご飯を食べるように、

身体が疲れたら、マッサージを受けたり、ゆっくり眠ったり、温泉に行ったりするように、

心が疲れた、エネルギーが減ってしまったら、その分のエネルギーを意識して補給する。

それが必要だと思います。

 

お腹が空いたまま動けばフラフラしたり、動けなかったりするように、

心も、エネルギー不足の状態が続けば、病気にもなったり、動けなくなったりします。

減ったエネルギー分は、補給する。

(もちろん、解決できることなら解決していく。できないことにはエネルギーを注がない。)

(エネルギーが満ちている状態から、自分を眺められると、きっと解決の方法も見えてきます。)

 

甘やかしていることでも、根性がないわけでもなくて、必要を満たしていること。

そういうことだと思いませんか?

 

その補給の仕方は、その方その方で違ってくると思いますが、

〇聞いてもらう、しゃべること、会話が感情のリカバリーには、とても有効です。

〇ありのままの自分を受け入れてもらう、自分もありのままの自分を受け入れると、いうことも大切。

〇感動、喜び、歌う、踊る、笑う、涙を流す、嫌な感情、ネガティブな感情も、上手に表現してためない。

〇スポーツ、ダンスなど、身体を動かすことによって、身体と感情の両方のバランスをとる。

〇一人の時間を持つ。

〇瞑想をしてみる。

〇呼吸を意識してみる。

(頭の中の考えを止めるのは、結構難しかったりしますが、呼吸は、自分で意識的に変えることができます。)

 

などがあると思います。

自分に合ったやり方を探すことも大事ですねー。

 

◆嬉しいこと、楽しいこと、好きなこと、ワクワクすることをやってみる ⇒ 心の栄養です。

◆様々な経験、嫌なこと、ちょっと苦しいこと、適度なストレス ⇒ 心を鍛えていることになります。

◆ゆったり、のんびり、ひたる、とどまるなど ⇒ 心の休養

 

身体と同じように、心を元気にするには、栄養、トレーニング、休養が必要です。

人は、幸せな状態が本来は普通なのですから、

もし今、良い状態でないのなら、

自分を大切にすることは、甘やかしていることでも、根性がないわけでもなくて、必要を満たしていること。

と、思います。

 

いかがでしょうか・・?

でも・・、

やっぱり、気力、根性で頑張ることが素敵! 頑張りたい!

それも、OKだと思います。

自分で選ぶことですねー(*^^*)

 

 

もっと自分を好きになる。

変わりたいあなたを応援します。

 

不登校・家族関係カウンセリングSUN/宮﨑 真由子でした。

 

メンタルヘルス

 

 

ご予約・お問合せはこちらをクリック

アクセスはこちらをクリック

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です