我慢する習慣から、感じる習慣への転換。

ご訪問ありがとうございます。 心理カウンセラー(家族関係心理士)の宮崎です。

 

人って、誰もがユニークで、その人なりの力を必ず持っているものだと思っています。

でも、自分の中に隠れている、自分でも気づかない ”恐れ” で、それが発揮できない残念なことが、結構多いように思います。

 

カウンセリングにみえられる方が、

「本当に私にも、自分にできること、力、そういう何かがあるのでしょうか?」

と言われることがよくあります。

 

私は、「必ずあると思いますよ~。」

と、お答えするのですが、

イマイチ皆さん、信じていない感じが伝わってきます・・。

(私はお世辞ではなく、本気で言っているのですが・・。)

 

そうだろうなあ・・、とも思います。

そこが、信じられない、自信が持てないので、カウンセリングに来られるという場合が多いわけですから・・。

 

ただ話をするだけでも、心は軽くなるかもしれません。

でも、話をする、話を聴く、それだけでないものを、一緒に時間を過ごすことで、頭で理解するのではなくて、気持ちで感じていく。

そこがカウンセリングの大切なところかな、と思っています。

 

聴いてくれる人がそこにいる、それが大事だと思います。

 

なので、本来、家族の中でそれが十分にできていたら、カウンセラーもいらないのかな・・、なんて思います。

でも、家族というのは、一番身近で近い関係だからこそ、中々言葉で伝えることが苦手と感じることも多いのは事実かな、と思います。

 

なので、少し知識や理屈も自分に入れ、カウンセラーと気持ちを話す練習をすることによって、家族の中でもできるようになっていく、ということに、つながっていったらいいなあと思っています・・。

 

そうしているうちに、自分の中にあった自分でも気づかない様々な  ”恐れ”  の気持ちをあらためて感じたりしながら、自分を軽くしていくことで、

 

自分本来が持っている力を、”恐れ” を ”隠すエネルギー” に取られることなく、発揮できるようになると思います。

(やっぱり人は、強い人、できる人でいたいと思うので、怖がっている自分、弱い自分は隠したくなるみたいです。)

 

人には、必ず生きていく ”力” が備わっていると思います。

(”生まれてきた” ということは生きていけるということ。身体の造りは、生きていくために十分な機能を持っています。)

 

なので、あとはそれを活かしていくだけ。

どう活かしていくかは、その人に任せられています。

活かすためには、その自分本来の力を十分に使える状態、自分になること。

 

本来の自分の上にくっついている ”恐れ” と向き合うのは、ちょっと苦しいことだったり、心がヒリヒリすることもあるかもしれません。

 

でも、きっとそんなに長い時間ではありません。

我慢しなければ・・、です。

我慢したり、蓋をするのに慣れていると、ちょっと時間も必要かもしれません・・。

 

なので、我慢する習慣から、感じる習慣への転換が必要です。

 

そんな時にカウンセリングを活用していただけたら、なんて思っています。

一人で頑張るのもいいし、誰か一緒にとやってみるのも一つのやり方です。

 

お気軽にご相談ください。

ご連絡、お待ちしています。

 

jikokaihuku,syuukan

 

お問合せ・ご予約はこちらよりお願いいたします。

◆こちら⇒ご予約フォーム

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です