自分で決めることに慣れていく。

ご訪問ありがとうございます。 不登校・家族関係カウンセラーの宮崎です。

 

カウンセリングでは、お話を伺ったり、私も感じたことをお伝えしたりするのですが、

こうした方が良い、

こうすれば、こうなる、

こうしたから、こうなった、

みたいなことは、言いません。

 

そもそもが ”こうあるべき” から自由になっていくのをサポートさせて頂けたらと思っていますので、その方、その方の選択を尊重したいと思っています。

物事には、良い悪いはないと思っています。

(もし、”学校は行くべきところ”と思っているなら、それは苦しいだろうなあ・・と思います。)

 

そして皆さん、

間違った選択をしたくない、

早く正しい答えを知りたい、

って思っているようにも感じます。

(これ、私がそうだったからかもしれませんが・・。)

 

なので、カウンセリングでは、まずご自身が普通に思っていること、当然、と思っていることに気づいて頂くことから始まります。

そしてその、もう習慣のように思っていること、言っていることを、

”今の” 自分が望んでいる考えや、行動、伝え方(表現)に変えていく、

という作業が必要になってきます。

 

いかに、自分の思っていることが、自分だけで考えたり、決めたことではないことに気づいて、びっくりかもしれません。

 

私たちは、親、学校、世間の常識と言われるもの、ネット、TVからの情報をたくさん自分の中へ入れています。

その中から、自分で選択しているつもりだったかもしれませんが、実はどうだろう・・?

今まで本当に自分で選択して、今、自分の納得する自分になっているかな・・?

 

もし、

「あれ~、自分の思いと、今の身の回りの状況が何かズレている・・。」

「何とかしたい。」

ということなら、自分の思っていることを点検して、見直す時期に来たのかもしれません。

そんな時、カウンセリングを利用して頂けれたら、と思っています。

 

不登校・家族関係カウンセリングSUN/宮﨑 真由子でした。

 

カウンセリング、見直しの時期。

 

●お問合せ・お予約はこちらです。

●アクセスは、こちらです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です