思春期は、子どもの後ろからついていく。

ご訪問ありがとうございます。 不登校・家族関係カウンセラーの宮﨑です。

 

親って、子どものことを思ってのことなんですが、

どうしても、子どもの今より、先を先を見ていて、

今、これをしないと絶対困るから、ああしたら、こうしたら、とつい言いがちです。

(中学生の頃って、高校受験も控えているので、親の方がドキドキして焦りがちです(~_~;))

 

教えてあげることが、親の務め、愛情だと思い込んでいる方もいらしゃいます。

それと、自分がその子どもと同じ年齢くらいの時できていたことは、出来て当然と思ってしまいがちです。

 

ここで、確認をしておきたいと思います。

子ども(人)は、本当に一人一人違っていて、親子といえども、同じ人間は一人もいません。



なので、感じ方、体質、好み、等、違って、当然となってきます。

その自分と違う人とお付き合いするわけなので、やはり自分がされて嫌なことはしない、というのが基本かな、と思います。

 

そんなこと、皆さん分かっている!って、思うと思います。

でも、でも、自分をよーく振り返ってみると、子どもに対して、どんな言葉かけをしていますか?

 

上から目線で、こうすべきだ!って感じで、言っていたりしませんか?

(上から目線で言っても、子どもは優しく自分(親)のいうことを聞いてくれるはずだと思い込んでませんか?)

先のことばかり、先取りして、こうだね、あーだね、とか言ったりしてませんか?

そのつもりはなくても、コントロールになってしまっていませんか?

親御さんは、コントロールされるの好きですか?

(私は、コントロールされるのとっても嫌です!)
(自分がされて嫌なことは、他の人にもしないのが基本でした・・。)

「でもー、親は子どもを思ってのことだし・・」とか思ってますか?(私、むかーし思ってました(~_~;))

 

目の前のお子さんは、今、どう感じているのでしょう・・。

(親だから、何を言われても仕方ない、あるいは、ありがたいことだと理解してくれているのでしょうか・・。)

(もしかしたら、コントロールも嫌いじゃないって場合もあるかもですので、その関係性の中で、確認は大切です。)

 

親って、自分の思い込みで、子どものことを判断している場合が結構ありますので、一つ一つの確認がとっても大切になってくると思います。

 

親の思っていることは、

わざわざ言葉にしなくても、

たとえ上から目線で伝えても、子どもには通じるはず・・、

ではないようなのです(~_~;)

 

思春期以降は特に、子どもの前を歩くというよりは、

子どもの後ろからついて行くくらいで、ちょうどいいのかも、と私は思っています。

(いっぱい言ってあげなくても、そのくらいで大丈夫なんです!)

 

振り返れば、そこにいてくれて・・、という感じだと、子どもも安心して、色々なことにトライできそうです・・。

 

経験して、経験して、安心して、失敗もして、責任をどうとるのかも経験する

それが、この時期の本当の姿だと私は思っています。

経験って、ほんと宝です。

お子さんにいっぱいプレゼントしてあげてください。

 

不登校・家族関係カウンセリングSUNの宮﨑 真由子でした。

 

思春期

 

●お問合せ・ご予約はこちらです。

●アクセスはこちらです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です